市原市が台風15号の被害を受けた方への借上住宅を提供

市原市は、台風15号の被害を受けた方の生活再建の支援のため、民間住宅を借上げ、無償での提供を開始しました。

借上げ住宅の提供の対象となる世帯は、

市内の住居が市の発行するり災証明書により、全壊若しくは半壊の被害の認定を受けた世帯、又は住居に接する道路が通行規制されたことにより、市内の住居に引き続き居住することが不可能な世帯であり、令和元年9月8日に当該住居に居住していた世帯

市原市ホームページより

となっています。

入居期間は入居の許可の日から起算して最長1年間となっており、家賃、仲介手数料、敷金、共益費は市原市が負担するということですが、光熱水費、保険料、駐車場料などは入居者の負担となります。

借上げ住宅の提供について、募集期間は令和元年9月17日(火曜日)~令和元年11月29日(金曜日)となっています。

対象となる賃貸住宅の条件や手続きの方法、注意事項など詳細は市原市ホームページにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)