市原市八幡海岸の踏切内で男性死亡 列車と接触か

 2019年2月16日正午すぎ、市原市八幡海岸の国道16号線沿いの踏切(伊豆山造船所そば)内で20代と見られる男性が死亡しているのが見つかりました。

 踏切を通過した京葉臨海鉄道の車両に血痕が残っていたということで、警察は男性が列車と接触した可能性があるとみて捜査しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)